傘寿祝いについて

傘

日本では、ある年齢になりますと様々な祝い事があります。80歳ですと傘寿祝いをする事が多いです。

傘寿の「傘」の略語を横に並べますと八十に見えることから、傘寿は80歳を迎えた時点でお祝いするという事になっています。

傘寿を迎えた人々に対して、お祝いをした場合、メッセージやプレゼントをどのようにしていけば良いのかが気になります。

80歳の方々に適したお祝いをするには、言葉の選び方や贈り物の選び方が大切です。傘寿祝いをしてもらう人々は、明るいカラーの物を好む傾向があります。

また、傘寿という言葉に合わせて、傘のプレゼントをするのが人気です。

傘は最もプレゼントがし易い物であり、現在ではオシャレで軽量で実用的な傘が数多く展開されています。

シックな色合いや模様よりは、オシャレさを感じさせる模様の傘を選ぶと贈り物として最適な品物を選べます。

贈る相手が女性ですと花柄の傘を選べば喜ばれます。紳士用の傘は黒基調が多いですので、婦人用の傘と比較してデザイン面では選択肢が少ないですが、紳士らしさを演出する傘が百貨店などで販売されていますので、そのような傘を選べば、男性にも喜ばれます。

花

傘以外のプレゼントであれば、花束が贈り物の定番でしょう。花束にメッセージを添えておけば、相手に渡し易くなり、贈り物を贈る事が出来ます。

傘寿祝いのプレゼントを購入する平均予算は、両親へ贈る場合で2万円から5万円程度、祖父母へ贈るのであれば、1万円から3万円程度、親類へ贈る場合で5千円から1万円程度です。

あまり高額になってしまいますと、相手に気を使わせてしまう事になりますので、常識的な価格の物を購入して贈るようにしましょう。

人気が高い贈り物では、傘や花束といった定番の物ばかりではありません。少しセンスを出したいのであれば、ファッションアイテムに注目してみるのも良いでしょう。

例えば、扇子は男女共に和服を着る機会が多い方々への贈り物として最適です。

5千円から1万円程で購入出来ますので、オシャレのセンスを発揮しながらコストパフォーマンスの高さが魅力的な贈り物となっています。

湯呑

湯呑みも良い選択肢でしょう。湯呑みは日常的に使う物であり、ゆっくりとした時間を楽しむ為のアイテムとして魅力的です。

湯呑みは色々なタイプが存在していますが、ブランド志向ではなく、毎日使う上で手に馴染み易い物を選ぶ方が安心して使ってもらえます。

一方で、割れてしまうという事を気にして大事に保存しておこうと考えられる方もいらっしゃいますので、ステンレス製の製品を贈れば、日常的に使ってもらえるでしょう。

座椅子も人気がある贈り物であり、居間に設置する事でくつろぎのスペースを構築する事が出来ます。座る角度を変える事が出来ますので、使用者の利用方法に合わせて使えるので便利です。

傘寿祝いのプレゼントは、物品やメッセージなど色々と考えられますので、贈る人に合わせて選んでいくと良いです。

 

お勧めの記事→傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか