還暦祝いによろこばれる贈り物とは

食事

還暦

昔から還暦祝いには赤いちゃんちゃんこを来てもらってお祝いをするという習慣があります。

60歳は十二支と十干の組み合わせである千支がひと回りした年ということで暦が一巡する、つまり「暦が還る」ということで還暦と呼ばれています。

もともと中国から始まった風習で日本では奈良時代から取り入れられ「長寿祝い」とされるようになりました。

赤という色は魔よけに使われる色で、赤ちゃんの産着にも使われていました。

60歳が暦が還るということでもう一度生まれ変わるという意味から60歳の誕生日には赤ちゃんの産着と同じように赤いちゃんちゃんこを着用するようになったのです。

しかし平均年齢が80歳を超える現在の60歳はまだまだ若く、長寿とも言えない年齢です。

そのため赤ちゃんに生まれ変わるというよりの人生の一つの区切りとしてお祝いをするようになってきているのが現状です。

よって、赤いちゃんちゃんこは本人にとっても周囲にもあまりよろこばれなくなり、最近では赤い色の服やスカーフ、下着などをプレゼントすることが多いです。

また60歳は定年退職の年齢でもあり、その後続けて働く人も多くなりましたが、「今までお疲れさまでした」という意味も込めて何かの贈り物をすることも多いです。

本人の好きなものや旅行や食研などのプレゼントをすることも多いのですが、そんな中で特に喜ばれるプレゼントとはどんなものがあるのでしょうか。

食事

実際に還暦祝いをしてもらった方が一番うれしかったという贈り物は旅行や食事などの体験ができるものというアンケート結果が出ています。

定年退職後時間ができたので旅行をプレゼントしてもらえてうれしかったという声や、子供や孫とも一緒に行けて思い出になったという声もたくさんあります。

次に、オリジナルなものを作って贈るという商品が人気を博しています。

たとえば本人の名前を入れて詩を作ったものや、似顔絵を書き入れた額などです。

自分で詩を考えなくても本人の性格や人柄などをメールで送るだけで、そのお人柄に合った作品を作ってもらうことができます。

次に本人または家族の写真やメッセージが入ったフォトフレームや時計、湯呑なども人気です。

フォトフレームや時計なら部屋に飾ってもらいいつも目に留めることができ、湯飲み茶わんならホッとひと息つくたびに温かいメッセージが見られます。

ビールやお酒好きの方ならグラスやコップに名前やメッセージ、写真などを入れてもらうこともできます。

またお酒が好きな方になら日本酒のラベルに名前やメッセージを入れてもらって、感謝やお疲れ様の気持ちを伝えることもできます。

こちらチェック→60年前の記念日新聞付き名入れ日本酒

万年筆

実用的なものも喜ばれます。

たとえば、万年筆やボールペン、ブックカバーなどの文具や、財布、アクセサリーなどです。

それらに名前を入れて記念品として贈るのも人気です。

今後も何かと使うもので、なかなか普段は自分では買わないようなちょっと高級な品物をプレゼントするのも良いのです。

女性であれば花が好きな人が多く、生花もきれいですがすぐに枯れてしまうので、最近はブリザーブドフラワーも人気です。

赤い服やスカーフなどにきれいな花束やブリザーブドフラワーが添えられて贈れば喜ばれます。

また、普段両親に言えないことを子どもが手紙に託して渡したり、おじいちゃんやおばあちゃんの立場の方なら孫が描いた絵やメッセージが添えられるとさらに嬉しいことでしょう。

このように昔のように赤いちゃんちゃんこではなく、最近では魔よけになる赤い色の身に付ける物や旅行や食事、名前やメッセージ入りの記念品、実用品などが人気です。

家族

どんな贈り物やお祝い会をするのかということは還暦を迎える方の子どもたちや家族で話し合って考える場合が多いです。

またお祝い会を行う場所は自宅で行ったり、家族皆で旅行や食事に行った先で行ったり、ホテルなどで場所を取って行ったり様々でそれぞれの家庭で決めて行うもの。

ですので、特にどこですればよいという決まりなどもありません。

しかし家族が皆集まってお祝いパーティをした写真などを残しておけば、それも良い記念品になるのです。

どのようなものにしても、子供や孫たちが還暦を迎える人のことを思って旅行や品物をプレゼントを選んでくれているわけです。

受け取る側にすれば、お祝いをしてくれたということが喜びで、良い思い出となるのです。

手紙

ですから、予算がない場合は手作りの品物や手紙だけでも気持ちがこもっていればよいのです。

どんなものが喜んでもらえるかということは家族が一番よく知っているので、その家族たちが気持ちを込めて選んだものを贈るのが一番です。

ただ贈り物をするなら、よく使うものでもいつもは自分では買わないようなもの、オリジナルなものを選ぶ。

さらには、食事会をするにしても普段行くよりも少し高級なところを選ぶなど、記念日にふさわしい贈り物や場所を選ぶことで、より思い出の一日を過ごすことができます。

本人だけでなく参加する家族にも記念の一日になれば、今後も還暦祝いという行事もつながっていくことになります。