還暦プレゼントでよろこばれるものとは

プレゼント

60歳になると還暦のお祝いをする家庭が多いです。

昭和30年代頃までは還暦を数え年の61歳で祝っていましたが、現在では満60歳の誕生日かその前後で祝うことが一般的です。

還暦祝いといえば、赤いものを身につけることで有名です。赤は昔から魔よけの色として使われており、赤ちゃんの産着に赤色が使われていたこともあります。

暦が一巡して生まれたときに戻るというお祝いなので、再度赤いものを身につけます。

還暦を祝うのに決まりはないですが、家族や親しい人が集まって食事を楽しみプレゼントを贈るというスタイルが多いです。

還暦のお祝いをする場合、プレゼントに何を贈ればよいか迷う人もいます。相手に対して敬う気持ちがあれば、その思いは伝わります。

高齢者の中には未だに縁起などを気にする人もいるので、プレゼントを贈る場合はマナーを大切にして贈ることが大事です。

まず気をつけることは、老いや死、苦といったことを連想させないことです。

昔と違って今の60歳はまだまだ若いです。第2のスタートと考えている人も多く、老いを連想させるものをプレゼントすると相手を不快にさせることもあるので注意が必要です。

プレゼントを贈る場合、日頃の感謝の気持ちを手紙に書いて渡すと喜ばれます。

4と9を連想する

数字にも注意が必要で、4と9は死と苦を連想させるので使わないようにします。

日本人はお茶が好きな人が多いのでお茶をプレゼントする人もいますが、お茶は香典返しにもよく利用されるため嫌がる人もいます。

お祝いに花を贈る人は多く、贈られた側も喜びます。花を贈る場合は何の花を贈るかが重要です。

椿の花は首から落ちるので死のイメージがあり、還暦祝いの贈り物としてはタブーとなっています。

靴や靴下は、足で相手を踏みつけるという意味もあるので年上の人に対する贈り物には適さないです。

親しい間柄であっても、年上の人に対しては敬意が伝わるものを贈ることが大事です。

バラの花束

長寿のお祝いに花を贈る人は多いですが、人気がある花のひとつがバラです。特に赤色のバラは喜ばれます。

深紅のバラと胡蝶蘭の組み合わせは、気品があり贈り物に適しています。60本の赤いバラの花束は、定番の贈り物ですし、赤いバラとワインのセットも好評です。

長寿のお祝いを料亭やレストランなどで行う人も多いですが、人数が多い場合は早めにスケジュールを立てておいた方が安心です。昔ながらの料亭では、長寿の御祝いメニューがある店も多いです。

高齢になると歯の状態が悪くよく噛めない人もいるので、食事のメニューには気を配ります。

混雑すると人目が気になることもあるので、長寿のお祝いの席はリラックスできるように個室がある店を選ぶケースが多いです。

参加者への連絡が済んだら、贈り物の手配をします。しっかりと準備をすることで、お祝いの企画がスムーズに進みます。

長寿を祝う場合、集まる家族が多くなるとトラブルが起こることもあります。

親戚同士のトラブルはコミュニケーション不足から起こることが多いので、わだかまりがある場合は事前に解決しておくことが大事です。

 

関連記事→還暦祝いに贈り物として心に残るものを!避けたい贈り物やおすすめのプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です