70歳のプレゼントに紫の物を選ぶのは何故か?その理由

紫

現代は長寿国家となっている日本ですが、昔は40~50歳が終年の時代となっていました。

そのため70歳を迎えることは非常に稀で縁起事となっていたため、敬意と願いを込めて古希のお祝いをするようになりました。

古希祝いのプレゼントには紫色のものが選ばれていますが、紫色は高貴なイメージで昔から位の高い人にだけ許されていた色ですから、70歳を迎えた人への敬意を込めて古希の色となっています。

古希というのはもともと古稀と書き、人生を70歳まで生きることは非常に稀なことであるという意味があります。

古希の祝いのプレゼントとして還暦の時と同じようにちゃんちゃんこや座布団をそろえてお祝いをしますが、還暦の赤とは異なり紫色となっています。

これは昔から紫は特別な色として崇められていた色で、長寿への敬意の現れとして紫色のものを贈ってお祝いをするようになりました。

高貴な色というだけではなく人を癒す力が宿るといわれていますから、普段身につけるものに紫を配したものを贈るとよいとされています。

健康寿命が延びた現代では70歳はまだ現役という人も少なくありませんから、長寿のお祝いという意味に加えて還暦に変わるセカンドライフの出発点という意味ももっています。

紫のフラワーギフト

女性のお祝いにおすすめのプレゼントとしては、花束やフラワーアレンジメントがやはり喜ばれます。

パープルの花というとあまりピンとこないかもしれませんが、トルコキキョウやアジサイ・リンドウなどがありますし、最近はパープルのバラやカーネーションなども開発されていますからおすすめです。

そのほかに日常生活で使えるファッション雑貨もおすすめのプレゼントとなります。

財布やポーチ・ストールなどは普段のファッションに取り込むことができますし、出かけるのが楽しみになりますからますます元気になるかもしれません。

テディベア

そのほかにも長寿ベアと呼ばれるぬいぐるみも人気のプレゼントとなっています。

女性は何歳になってもぬいぐるみが好きな人が多いので喜んでもらえるでしょう。

男性におすすめのプレゼントとしてはお酒やセーター・ベスト・マグカップなどがあります。

お酒が好きな男性ならパープルのボトルのものを選ぶと喜ばれますし、セーターやベスト・ポロシャツなどの衣類もおしゃれで喜ばれるはずです。

70歳というとまだまだ元気な人が多いのでお祝いのメッセージは「これからも元気で長生きしてください」というような内容にするとよいでしょう。

最近は長寿のお祝いプランを用意している料亭やホテルもたくさんありますから、こういったサービスを利用して心を込めてお祝いをしてみるとよいでしょう。

古希は数え年で70歳を迎える年を指しますから現代に照らし合わせると69歳を指すことになります。還暦が数え年で61歳となっていますから還暦から9年しかあかないということになります。

平均寿命が80歳を超えている現代の日本では70歳まで生きられることは非常に稀というのは考えられないことですが、昔から使われてきた言葉をひもとくことで、当時をより詳しく知ることができます。

 

 

こちらの記事もおすすめ→古希祝いのプレゼントに紫の物が選ばれる理由