夏はビールを飲む機会が増えますが、オルニチンの肝臓の働きを助ける効果について

内蔵

夏になると汗を大量にかくので、喉が渇きます。

そこで飲みたいのは、冷えた飲み物ですが、キンキンに冷えたビールが飲みたいというのは、お酒が好きな大人です。

ところがアルコールは人の体にとっては必要のないもので、極端なことを言えば毒と同じ扱いになります。

ですから、体に入った毒物を分解する役割を持つ肝臓はすぐにでもアルコールを取り除く作業に取り掛かります。

アルコールは胃腸から体に吸収されていきますが、そこから肝臓へと運ばれるアルコールからアセトアルデヒド、アセトアルデヒドから酢酸へと変わっていきます。

アルコール・アセトアルデヒドは人体に有害なのですが、酢酸は無害な物質です。

竿して酢酸はさらに二酸化炭素と水になって尿として体の外に出ていきます。

肝臓

この肝臓で起こる一連の流れは、簡単なようで肝臓に大きな負担がかかってしまうものです。

その為に大量のエネルギー源と酸素を必要とします。

大量に飲むと肝臓で分解する速度が追いつかずに、再びアルコールは血中に戻り二日酔いになってしまうのです。

二日酔いになれば、めまいや頭痛といった体調不良に悩まされることになり、飲んだ翌日はまともに動くことが難しくなります。

そこで二日酔いのためにいろいろな商品が出ているのですが、その中でオルニチンが含まれた商品が数多く販売されています。

ビールを飲むときにオルニチンを摂取するとよいのは、肝臓を助ける働きがあるからです。

ただし、アルコールの分解を助けると誤解している人も多いですが、オルニチンの効果はアンモニアに対してです。

人の体は食事をしてたんぱく質を摂り入れると、それを分解して体を動かすエネルギー源であるアミノ酸に変換します。

アンモニア

このとき出てくる副産物がアンモニアです。

アンモニアは非常に毒性の高い成分なので、そのままにすることは出来ません。

アンモニアが体の中に留まり続けてしまうと、アンモニア中毒となり脳や神経に障害が出てしまいます。

そこで肝臓が分解することになります。

では、オルニチンをわざわざビールを飲むときに摂取する意味がないように思えますが、前述のようにアルコールの分解は肝臓に負担がかかるものです。

肝臓が処理できる能力には限界がありますから、ビールを飲んでアルコールを分解した後に代謝で出来たアンモニアを分解するということが難しくなるのです。

そこで弱った肝臓をオルニチンが助けることで、アンモニアを分解してそれによる体の不調を抑えるというのが期待できる効果です。

血液,注射

それからオルニチンには血中アルコール濃度を抑える効果があるということがわかっています。

酩酊した状態というのは血中アルコール濃度に左右されるので、その点でも二日酔いの予防効果を期待する事ができます。

では、二日酔いを防ぐためにはどのくらいの量を摂取すれば良いのかというと、肝臓を助けるのに必要な量は1000ミリグラムから1500ミリグラムが目安です。

しじみやヒラメなどに多く含まれていますが、効率的に摂取したいのであればやはりサプリメントなどを使うほうが良いでしょう。