結婚式場のアルバイトってどんなことをするの?

結婚式

人生の晴れの舞台である結婚式を盛り上げる役割を持っている結婚式場のアルバイトは、人気の1つといっても過言ではありません。

結婚式の準備や進行をサポートすることが大きな仕事であり、そのための業務が細かく分かれています。

例えばホールやキッチン、撮影や音響、照明など多岐にわたっているのです。

アルバイトのスタッフはそれぞれの持ち場で、新郎新婦の一生に一度である晴れの舞台を支えることになります。

まず、そのような晴れの日を間近で見届けることができるという喜びを分かち合うことができる点。

さらに、社会で必要不可欠なコミュニケーション能力や、他の持ち場を含めて全体を見渡す能力。

こういった将来的に役立つ能力を身につけることができる点も人気の理由といえます。

アルバイトの内容は?

結婚式場のアルバイトは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

ホールスタッフの場合は式場に料理や飲み物の配膳を行い、参列者が快適に食事を進めることができるようサポートします。

基本的な作業としては一般的な飲食店と大きな変わりはないため、レストランや居酒屋などの飲食店でのアルバイト経験があると業務に早く慣れることができるといえます。

しかしながら、結婚式場という特別な場所であることをしっかりと意識し、その場に相応しい礼儀やマナーを守った対応が重要なのです。

また、配膳だけではなく、式場の扉開けや参列者の誘導といった業務のサポートを任されることもあります。

皿洗い

キッチンスタッフの業務は、式場に出す料理の盛り付けや飲み物の用意、食器洗いなどを任されることが一般的です。

料理といっても補助的な作業が中心となるため、料理の経験がなくても問題ありません。

しかし、過去に同じような仕事を経験したことがある方が優遇される傾向にあるといえます。

祝いの席で出される特別な料理で、凝った盛り付けが要求されることが想定され、ある程度の手先の器用さは必要だと考えられるでしょう。

撮影や音響、照明スタッフとしての業務は、クリエイティブな内容が中心となります。

結婚式のビデオや写真の撮影から始まり、撮影後の編集まで任されることが多いです。

新郎新婦にとって大切な記念となるビデオや写真のため、万が一の失敗は許されるものではなく、経験者が優遇される傾向にあるといえます。

音響

また、会場の音響や照明といった業務では、会場全体の音響と照明のコントロールが求められます。

中には未経験でも安心して業務に携わることができるよう、事前に研修を行ってくれる式場もあるようです。

将来クリエイティブな仕事に就くことを希望している学生に、人気のアルバイトだという点も納得できます。

結婚式場のアルバイトで求められることは、社会人として必要不可欠なマナーや丁寧な言葉だといえます。

新郎新婦によって式場に求める内容が毎回異なることが予想されるため、臨機応変な対応力も重要でしょう。

働きながら自分の希望する進路のスキルを身につけることができるというメリットがあり、常に人気となっているのです。

 

合わせて読みたい→居酒屋のアルバイトってどんなことをするの?